30代転職で年収アップを目指す! おすすめはココ!
年収アップした成功者約2万名。転職するなら実績NO.1(登録無料)

サラリーマンの平均年収に変化 若手と管理職の年収

サラリーマンの年収に大きな変化がでてきています。

というのは、人手不足を背景に年齢別の給与に明暗がついてきています。詳しくいうと、成果主義の浸透から管理職の年収が抑えられ、若年層の給与水準は人手不足から上昇。給与の上昇・下落に世代の逆転減少が起きています。

さらに詳しくいうと、課長以上が下落、係長以下が上昇。


例えば、部長相当で月給は56万300円(600円減少)
若年層でいえば、初任給が20万4100円(1900円上昇)



ということで、管理職の給与を抑えて、あまり給与が高くない若年層の人材を確保。ただし、どこも人手不足からか、若年層の月給は上昇傾向。

今の現状はこんなところでしょう。今後の流れも同様にいきそうなので、若年層での転職活動を行うときは、こうした流れを見てから考えてもいいと思います。今の会社でも、思わぬ給与改定があるかもしれませんよ。


■今の市場価値を知りたい方へ
今の自分のキャリアは市場価値にしてどれだけなのか。
一つの会社でずっと仕事をすることが少なくなる中で、
市場でどれだけの評価をされるのかはみなが知りたいところ。

そんな方に役立つのが、リクナビのスカウトメール登録。
企業側からオファーメールが届くため、市場で価値ある存在なのか、
簡単に知ることができます。こちら、転職に興味がない方も有効。
もちろん、登録は無料です。興味のある方はぜひ、活用してみてください。


あなたの【社外の評価】が分かるスカウトメール登録【登録は無料】

トップ > 平均年収・若手と管理職 > サラリーマンの平均年収に変化 若手と管理職の年収

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。