30代転職で年収アップを目指す! おすすめはココ!
年収アップした成功者約2万名。転職するなら実績NO.1(登録無料)

平均年収 サラリーマンの平均年収を紹介(05)

平均年収で気になるのは、業界ということもあるでしょう。
正直、年収は所属している業界でほぼ決まります。収益力が高い企業が多い業界ならば平均年収も高く、収益力がない低迷する企業が多ければ、平均年収も自然と低くなります。

これは、転職のときに大事になる考えです。憧れだけで業界を絞ると驚くぐらいの昇給、賞与にびっくりすることがあります。これは、自分の所属する業界から異業界にうつったときに、前職の業界を標準にしてしまうからです。平均年収でも分かりますが、業界によって大きく給与水準は変わります。これはあらためて知っておくべき、知識かもしれません。

さて、下記のデータですが、あまりに詳細に平均年収を記載すると分からなくなるので、グラフデータの中から、200万円超〜300万円以下、300万円超〜400万円以下、そして、800万円超の比率を紹介します。具体的なデータについてはぜひ、直接データを見てください。ここでは、比率から平均的にどの業界が給与水準が高いのかを紹介します。


【業界名:200〜300万円/300〜400万円/800万円〜】

化学工業:     …12.1%/16.2%/16.4%
金融保険・不動産: …12.9%/14.2%/20.6%
金属機械工業:   …10.1%/15.1%/15.4%
運輸通信公益事業: …12.0%/19.3%/13.5%
建設業:      …16.6%/20.0%/8.6%
サービス業:    …19.2%/18.4%/8.2%
その他の製造業:  …16.1%/15.6%/8.5%
卸小売業:     …16.2%/15.4%/6.1%
繊維工業:     …23.1%/15.4%/4.2%
農林水産・鉱業:  …21.1%/16.1%/3.5%
平均:       …15.8%/17.0%/10.0%


世間でも言われているとおり、群を抜いて高い平均年収を誇るのが、金融業界です。また、保険や不動産も高くなります。800万円以上の年収を稼ぐ方がたくさんいます。一方で少数の業界が突出しているからということもありますが、他の業界はほとんどが平均を下回っています。この平均年収のデータを見ても分かる通り、もし、転職を考えるときは業界の給与水準はきちんと調べた方がいいでしょう。

【出典:国税局 平成16年 標本調査結果(民間給与の実態調査結果)より】


■今の市場価値を知りたい方へ
今の自分のキャリアは市場価値にしてどれだけなのか。
一つの会社でずっと仕事をすることが少なくなる中で、
市場でどれだけの評価をされるのかはみなが知りたいところ。

そんな方に役立つのが、リクナビのスカウトメール登録。
企業側からオファーメールが届くため、市場で価値ある存在なのか、
簡単に知ることができます。こちら、転職に興味がない方も有効。
もちろん、登録は無料です。興味のある方はぜひ、活用してみてください。


あなたの【社外の評価】が分かるスカウトメール登録【登録は無料】

トップ > 平均年収(国税局しらべ) > 平均年収 サラリーマンの平均年収を紹介(05)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。