30代転職で年収アップを目指す! おすすめはココ!
年収アップした成功者約2万名。転職するなら実績NO.1(登録無料)

平均年収 サラリーマンの平均年収を紹介(03)

平均年収、次は勤続年数です。
当然、成果主義に移行したとはいえ、日本は年功序列の社会。勤続年数が長いほど年収があがる傾向があります。平均年収を見る限りだと勤続年数が20〜24歳が一番稼ぎ時ということになります。新卒で22歳に会社に入社していれば、40前半から中盤ということになります。この年代が日本の中では1番の働き盛りというのが、平均年収からも見てとれます。平均年収を見れば、いろんなことが分かります。ぜひ、下記の平均年収データを参考にしてみてください。


【勤続年数別の平均年収(男性のデータになります)】

●1〜4年   …392万円
●5〜9年   …468万円(+76万円)
●10〜14年 …550万円(+82万円)
●15〜19年 …622万円(+72万円)
●20〜24年 …685万円(+63万円)
●25〜29年 …724万円(+39万円)
●30〜34年 …773万円(+49万円)
●35年以上  …723万円(−50万円)



【出典:国税局 平成16年 標本調査結果(民間給与の実態調査結果)より】


■今の市場価値を知りたい方へ
今の自分のキャリアは市場価値にしてどれだけなのか。
一つの会社でずっと仕事をすることが少なくなる中で、
市場でどれだけの評価をされるのかはみなが知りたいところ。

そんな方に役立つのが、リクナビのスカウトメール登録。
企業側からオファーメールが届くため、市場で価値ある存在なのか、
簡単に知ることができます。こちら、転職に興味がない方も有効。
もちろん、登録は無料です。興味のある方はぜひ、活用してみてください。


あなたの【社外の評価】が分かるスカウトメール登録【登録は無料】

トップ > 平均年収(国税局しらべ) > 平均年収 サラリーマンの平均年収を紹介(03)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。